2009年02月21日

サッカーで怪我をした時のこと

中学校の時にサッカーの遠征で日曜日に試合に参加したときに、もともとフォアードだったのだが、スイーパーに起用されたとき、対戦相手のフォアードが攻めてきて、私がクリアに入ったときに、ボールが相手と私の調度中間点にあったのか、二人同時にボールをキックした。

間が悪いことに、私はサイドステップ、相手のフォアードはインステップだった為、私の足は有り得ないサイド方向に曲がってしまった。

膝の血管が有り得ない方向に曲がったことに耐えられず切れてしまって、見る見る内に腫上がってしまったのだ。

遠い昔の話ではあるが、日曜日で遠征先の救急病院を探すことができず、地元で翌日病院へ行った。

治療の内容は思い出したく無いけど、問題はギブス。

当時の一般家庭のトイレは、水洗になっておらず非常に狭かった、和式で陶器でもなく、木製で作られていて、床に切り抜き穴と金隠しが付いただけの作りだった。

どの方向にも足を曲げずには扉も閉めることが出来ないし、つかまるところも無い。

ゆえに中腰で扉を開けたままトイレを一ヶ月間利用する羽目になったのだが、どのくらい辛いか想像できるだろうか?

それまで気付かなかったしゃがんでトイレが出来るありがたさを痛感したのだ。

車椅子利用者に取って、一般の洋式トイレは、私が足にギブスをした状態で中腰になって用を足したときと同じくらいに大変な事ではなかろうか!?

できれば、多目的トイレの普及をもっと全ての人にわが身になって考えて頂ければと考えるようになった。原点の怪我だった。
posted by yuu at 10:34| Comment(0) | 車椅子での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

私の仕事

 随分、今までに沢山の仕事を経験したものだ。たぶん器用貧乏とは私をさすのだろう。結論から言うと仕事に関しては、不器用な人ほど成功している気がする。

 初めての仕事を教わる時、すぐに要領を覚えて深いとこまで人の話を聞かないのは器用な人だ。
不器用な人は教えてくれる人がこの位は簡単でしょうと言う事が出来ないので一つの事を時間を掛けて覚えて行く。苦労して覚えたものを大切に扱うし、他の事に見向きもしなくなって、自分にはこれしか無いと思い込む!

 私の場合、自慢じゃないけど直ぐに出来てしまう事が多かった。他の人がやれることが何故自分に出来ないのか、いや出来ないはずが無いと自信過剰に陥って、結果、貧乏だと分析している。
引越しの回数と転職の回数は誰にも引けをとらない。
私が貧乏であることの証明のようなものではあるのだけど、今の仕事は、パソコンの入力を代行する仕事を企業から請け負っている。

 一人でこなせない仕事があったときに、車椅子で生活されている人達に在宅で 入力作業のお手伝いをして頂けないかと、障害者施設に簡単な作業であることを説明に行った。
請け負うと言う言葉は仕事を請けた時に、既に負けていると書く、収入に結びつかないのだ。

 だから、障害者に只同然のような報酬で頼みに行った部分も否めないのが正直なところだが、車椅子利用者の在宅可能な仕事も少ないと聞いていたので、良い意味での紹介したい気持も本当なのだ。
いまの仕事を続けるなら、やはりスキルアップして単価を上げれるように努力しないと、請けの請けになる車椅子利用者(高齢者や障害者)に申し訳ないと思う。

 なにか世の中間違ってるように感じながら、請負を仕事にしてるわたしです。
器用なんだから、仕事を生み出す努力をしよう!


私は出来る・・・・
タグ:車椅子 支援
posted by yuu at 00:00| Comment(0) | 車椅子と支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

バリアフリー

 私の子供は中学生で先日、弁論大会の原稿を宿題で書いていた。何がテーマなのか、気になって聞くとユニバーサルデザインに付いてを発表するらしい。
私が中学生の時は知らなかった言葉を、子供がテーマにすると聞いて、時代と共に教育のテーマも変わってきてるんだなと、現在の教育と我子に少し良い点を見た気になった。

 私も中学生の時に弁論大会に参加した。テーマは中学生の非行だったように思う、もちろん入賞もしなかったのだが、良くも悪くも時代背景を感じる。

 バリアフリーは最近良く耳にする、車椅子でも行動しやすいようにバリアがフリーと言うことで大体の意味は解ってる。
でもユニバーサルデザインと聞くと、何を指すのか良くわからない。
 5日にNPO法人でユニバーサルデザインの啓蒙活動をしている車椅子利用者に、友人の紹介でお会いする機会を得た。

 はっきりは理解出来なかったが、誰もが、何時でも、何処でも利用出来るように考えた全ての人にやさしい、デザインを言うようだ。
今から、高齢化社会を迎えて車椅子を利用しなければ成らない人も増えるのは間違いないだろうし、障がいが有る人達も、子供も、妊婦さんも、全ての人が利用出来る考えでの社会基盤が重要だと感じた。

 私には関係ないって言えるほど若くないので、真剣に話を聞いてしまった。

歳かな・・・
posted by yuu at 00:00| Comment(0) | バリアフリーと車椅子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。