2009年02月24日

障害者用駐車場

中学校の同級生で、一緒にフォークソングを練習したりしていた友達が、透析患者になったのは10年以上前だろうか?

趣味が合うのかいまだに友好関係が続いている。

ショッピングセンター等に車椅子専用駐車場が用意されているが、一般の非常識な人が使ってしまうので社会問題になっていると聞く。

友人の車も障がい者のマークが付いているし、障がい者手帳を持った1級の障がい者に間違いは無い。

でも車椅子を利用しているわけではないのに、障害者用駐車場に当然ではあるが、駐車している。

障がい者の中には、この場所は以下にも自分の個人的な駐車場であって、健常者が止めようものなら、権利を侵害されたと思うような人すらいるようだ。

双方にそれぞれに、考え方はあるのだが、私の個人的な考え方を言えば、障がい者と言っても、程度がすべて画一的ものでないのは全員知っているはずで、友人も私からすれば障がい者には見えない。

第一にショッピングセンターに車で行ける人々である

ならば、自分を主張せずに、より障がいの程度が重い人に何時でも譲る気持がないと、ショッピングセンターにとっては法的な措置をしています。と言わんばかりの行動を取られても、仕方がないかなと思う。
タグ:車椅子
posted by yuu at 09:23| Comment(0) | 車椅子での生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。