2009年02月09日

私の仕事

 随分、今までに沢山の仕事を経験したものだ。たぶん器用貧乏とは私をさすのだろう。結論から言うと仕事に関しては、不器用な人ほど成功している気がする。

 初めての仕事を教わる時、すぐに要領を覚えて深いとこまで人の話を聞かないのは器用な人だ。
不器用な人は教えてくれる人がこの位は簡単でしょうと言う事が出来ないので一つの事を時間を掛けて覚えて行く。苦労して覚えたものを大切に扱うし、他の事に見向きもしなくなって、自分にはこれしか無いと思い込む!

 私の場合、自慢じゃないけど直ぐに出来てしまう事が多かった。他の人がやれることが何故自分に出来ないのか、いや出来ないはずが無いと自信過剰に陥って、結果、貧乏だと分析している。
引越しの回数と転職の回数は誰にも引けをとらない。
私が貧乏であることの証明のようなものではあるのだけど、今の仕事は、パソコンの入力を代行する仕事を企業から請け負っている。

 一人でこなせない仕事があったときに、車椅子で生活されている人達に在宅で 入力作業のお手伝いをして頂けないかと、障害者施設に簡単な作業であることを説明に行った。
請け負うと言う言葉は仕事を請けた時に、既に負けていると書く、収入に結びつかないのだ。

 だから、障害者に只同然のような報酬で頼みに行った部分も否めないのが正直なところだが、車椅子利用者の在宅可能な仕事も少ないと聞いていたので、良い意味での紹介したい気持も本当なのだ。
いまの仕事を続けるなら、やはりスキルアップして単価を上げれるように努力しないと、請けの請けになる車椅子利用者(高齢者や障害者)に申し訳ないと思う。

 なにか世の中間違ってるように感じながら、請負を仕事にしてるわたしです。
器用なんだから、仕事を生み出す努力をしよう!


私は出来る・・・・
ラベル:車椅子 支援
【関連する記事】
posted by yuu at 00:00| Comment(0) | 車椅子と支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。