2009年01月21日

サイレンにうなされた。

 先日、大学の講師を務める先輩の誘いで、市民会館に先輩の講義を聞きに行った。

 学生の頃は、勉強をするタイプでは無かったのに、今では立派な心理学博士だ。なぜかと言う表現は、先輩に失礼だが、40歳くらいまで飲食店を経営してたのに突然店を閉めて心理学を勉強すると言い出した。
家庭も子供も居るのに私には真似の出来ない行動的なところを実は少し尊敬している。

 とは言え2時間も興味の無い話を聞くのは疲れる、何の為に自分が呼ばれたかは解ってる、頭数の問題だろうから役目は終わったので、講演が終わって、デスカッションまでの休憩時間に、タバコを我慢してたので、会館の外の喫煙所にでた。

 出口の所に、私の興味が沸く物が置いてある、友達と二人でタバコを吸いに出て来たときに車椅子を見つけた。無料で貸し出し用の車椅子が、畳んである。
 誰もいないし。
 
 車椅子って乗ったこと無いし、ちょっと借りて見た。私にも乗れるし、結構小回りも利くが、これがないと行動できない人の事を考えると、悪のりに近い行動をしている気になったので、車椅子を所定の場所に丁寧に畳んで戻した。

 でも、20分も休憩があったお陰で事件は起きた。次に私の好奇心は、BOXに入れてあるAEDに向いちゃった。
非常時に本当に使えるのかなと思って、BOXの扉を引っ張っちゃったのだ。その瞬間、サイレンが鳴り出し。警備員が駆けつけてきて、講演を聴いた人達が何事かと玄関の方に集まって来た。その後は想像してください。

サ・イ・ア・ク 警備員の方、すみませんでした・・・・こんな事する人は私だけじゃ無いのか?

結構寛大な対応で許して頂いた。
ラベル:車椅子 AED
【関連する記事】
posted by yuu at 00:00| Comment(0) | 車椅子と支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。