2009年01月14日

車椅子ってどんなもの?

 車椅子ってどんなものなんだろう。
平凡な日常生活をおくっている私がそんなことを考えたのは、「嘘はついてないし、事故にも遭ってないけど車椅子」(著 栗原 進)を読んだからだ。

 彼は、小学校に入学して前の日は海水浴にも行って。ごく普通の生活をしていた。でも、目が覚めたら、車椅子生活が待っていた。
 本を読んでいくうち、車椅子生活って意外とふいにやってくるんじゃないかという気がしてきた。
著者も文中で、「欲しくもないのに、宅配便で送られてきた」というような表現をしている。


 日本で最初の車椅子ってどんなものだったんだろうか。
ネットで調べてみた。
1921年ごろ、人力車のような回転自動車が元祖らしい。残念ながら製作者不明。
もっと古い日本初の車椅子を知っていたら、教えてほしい。

 また、製作者がはっきりしているものは、1960年頃に北島藤次郎氏がつくった籐製(とうせい)の車椅子があるそうだ。イギリスの車椅子をモデルにつくられたようだ。
 画像なども探してみたけど、よく分からなかった。

 それにしても、なぜ私はこんなにも車椅子にはまってしまったんだろう。
よくわからない。

 車椅子って言葉には、哀しさがただよう。
誰だって車椅子に乗ろうと思って乗る人はいないんだし、そりゃそうだよね。

 でも、なんか明るくできないかなぁ。もちろん車椅子生活をおくる人たちは明るく生きてるわけだけど。

 そんなことも踏まえると、パラリンピックは車椅子の歴史を変えるすごいきっかけだったんだろう。
 パラピンピック以降、デザインや色、機能など。今も車椅子は、改良し続けられていることはとても明るい希望だとは思う。

 なにか自分にできることがないかなんて、よけいなお世話的考えが脳裏から消えない今日この頃だ。
タグ:車椅子 日記
posted by yuu at 00:00| Comment(0) | 車椅子歴史話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。